法話の教典

弘法大師空海の教えを受けた僧侶の法話をお届けします

日々の一言

玉は琢磨によって照車の器と成り

”玉は琢磨(たくま)によって照車(しょうしゃ)の器と成り、人は切磋(せっさ)を待って穿犀(せんさい)の才を致す。” 出典:三教指帰 玉は磨いてこそ輝き車を照らすほど逸品となるのです。 人に鍛えられてこそ、辣腕をふるう人材 […]

客塵煩悩に覆わるること雲の能く

”客塵(きゃくじん)煩悩に覆わるること雲の能(よ)く日の光明を翳(かく)すが如し。” 出典:弁顕密二教論 人は本来生まれながらに清らかで、純真無垢なものです。 しかし、俗世での生活の中で、さまざまな煩悩にまみれてしまい、 […]

身病の要は、四大と、鬼と、業なり

”身病(しんびょう)の要(よう)は、四大(しだい)と、鬼(き)と、業(ごう)なり。” 出典:秘密曼荼羅十住心論 病気は、自分自身を取り巻く環境と、他人への恨みや妬みなどの「鬼」の心を持つことや、自堕落な習慣の積み重ねがそ […]

但だ 恨むらくは 高山深嶺に 四禅の客乏しく

”但(た)だ恨むらくは高山深嶺(こうざんしんれい)に四禅(しぜん)の客乏しく幽薮藭厳(ゆうそうきゅうがん)に入定(にゅうじょう)の賓稀(ひんまれ)なり。” 出典:遍照発揮性霊集 仏道修行のための場所として「高野山」を求め […]

斗薮して道に殉じ、ごつ然として独り坐す

”斗薮(とそう)して道に殉(じゅん)じ、ごつ然として独り坐す。水菜能(すいさいよ)く命を支え、薜蘿(へいら)是(こ)れ我が衣たり” 出典:遍照発揮性霊集 一切を捨てて自由の身となり、ひたすら座禅を行う毎日。山菜で命をつな […]

病人に対って方経を披き談ずとも

”病人に対(むか)って方経(ほうきょう)を披(ひら)き談ずとも、病(やまい)を療(りょう)するに由(よし)無し。” 出典:遍照発揮性霊集 病気の人に向かって、医学書を開き、症状や薬の効能を説明しても、病気が治るわけではあ […]

一芸是れ立つ、五車通し難し

”一芸是(いちげいこ)れ立つ、五車(ごしゃ)通し難(がた)し” 出典:遍照発揮性霊集 本を車5台に乗るくらい書いたとしても、中身がなければ何の役にも立ちません。 しかし、一芸に秀でた人は、一芸を持っているがゆえに重宝され […]

辞達して理挙がらんことを要す

”辞達して理挙がらんことを要す、故に冗長(じょうちょう)をとること無し。” 出典:文鏡秘付論 意思を伝えるための言葉は、論理的であることが基本中の基本です。 対して、最も良くない例は、回りくどく、冗長な表現を使うことです […]

奇なる哉王一糸の命

”奇なる哉(かな)王一糸の命、人をして一賤また一尊ならしむ。” 出典:拾遺雑集 不思議な事に、君主の発する一言が人から自尊心を奪うこともあれば、確固たる自信を与えることもあるのです。 人を指導する立場であるかどうかにかか […]

方円の人法は黙するかに如かず

”方円(ほうえん)の人法(にんぽう)は黙するかに如かず” 出典:遍照発揮性霊集 四角と円は形が違うことでまったくかみ合いません。 同様に、教えを説いても、聴く人にかみ合わなければ、何も伝えないほうが良い場合があります。 […]