法話の教典

弘法大師空海の教えを受けた僧侶の法話をお届けします

日々の一言

痛狂は酔はざるを笑ひ

”痛狂(つうきょう)は酔はざるを笑ひ、酷睡(こくすい)は覚者(かくしゃ)を嘲(あざ)ける。” 出典:般若心経秘鍵 酒を呑まない人を笑うのは、酔っぱらいのすることであり、寝起きの悪い人は、目覚めの良い人を馬鹿にします。 自 […]

乾坤は経籍の箱なり

”乾坤(けんこん)は経籍(きょうせき)の箱なり。” 出典:遍照発揮性霊集 仏の教えは、広大な宇宙の真理から生まれたものです。 自然の中から学ぶことや自然とともに生きること、仏の教えを悟ることは、すべて同じことなのです。 […]

師に二種あり。一には法、二には人。

”師に二種あり。一には法、二には人。” 出典:大日経開題 人生には、2種類の師がいます。 一つはものごとの本質、つまり真理ですが、もうひとつは、真理を示し、教えてくれる人です。 あなたに気付きを与えてくれる人との出会いが […]

影は形に随って直く

”影は形に随(したが)って直(なお)く、響きは声に遂(したが)って応ず。” 出典:秘密曼荼羅十住心論 影はものの形を映しだし、響きは声にしたがって、呼応します。 さまざまな現象は、必ず、元になるものがあり、なんらかの要因 […]

古人は道を学んで理を謀らず

”古人は道を学んで理を謀らず、今人は書を読むも但(ただ)名と財のためなり。” 出典:「遍照発揮性霊集」巻第一 昔の偉人たちは、自ら道を極めようと学んでいても、目先の利益を考えるのではなく、その先にあるものを求めていました […]

過をなす者は暗く

”過(とが)をなす者は暗く、福をなす者は明なり。明暗偕(とも)ならず、一は強く、一は弱し。” 出典:遍照発揮性霊集 過ちを犯してしまう人はダークサイド、つまり暗黒の暗闇にとらわれ、幸福を与えうる人は、光のフォースに包まれ […]

狂毒自ら解けず、医王能く治す。

”狂毒(きょうどく)自ら解けず、医王能く治す。” 出典:秘蔵宝鑰 猛毒は、自分では消すことはできませんが、正しい医療技術によりその毒を治療することができます。 正しい知識と技術を身につけることが人を正しい方向へと導くこと […]

衆生癡暗にして自ら覚るに

”衆生癡暗(ちあん)にして自ら覚(さと)るに由(よ)しなし。如来加持(かじ)してその帰趣(きしゅ)を示したもう。” 出典:念持真言理観啓白文 愚かな人は、なかなかものごとの真理に気づくことができません。 悟りを開くには、 […]

如来は実に平等にして

”如来は実に平等にして、非心(ひしん)普(あまね)からずということなし。” 出典:五部陀羅尼問答偈讃集秘論 如来は実に平等で、誰に対しても慈悲の心を与えてくれます。 自分だけが不運だなどと嘆くことは非常に愚かな振る舞いな […]

衆生の心清浄なるときは

”衆生(しゅうじょう)の心清浄(しょうじょう)なるときはすなわち仏を見、もし心不浄なるときはすなわち仏を見ず” 出典:弁顕密二教論 心が清らかなときは仏を見ることができ、汚れた心では、曇って見えなくなってしまいます。 よ […]