”人の短(たん)を道(い)うことなかれ。己の長(ちょう)を説くこと勿(なか)れ。”
出典:崔子玉座右銘

他人の短所をとりあげてはいけません。
また、自分の長所を自慢していてもいけません。

nio

人はどうしても、人の悪いところ、失敗したところに意識を向けてしまいます。
人の不幸は蜜の味とはよくいったもので、ダークサイドの力は強大です。
しかし、ダークサイドにとらわれて、人の悪口や短所をとらえて、うわさ話をすることは、自分の価値を下げることになります。

人の悪いところではなく、人の良いところにフォーカスするほうがいいでしょう。

また、だれもあなたの自慢話に興味関心もありませんし、聞きたくもありません。
自分をよく見せたいと思い、自分がこんなにできるのだと自慢することは、自分はこんなにエゴが強いと言っているのと同じことです。

あなたの価値は、あなたが決めるのかもしれませんが、そのままでは、いつまでたっても周りがあなたに価値を感じることはできません。
人とつながって生きていくのなら、あなたの価値は他人が決めるのです。

もし、自分の価値を高めたいのであれば、人の短所にフォーカスせず、人の長所を見るようにして、自分の長所をアピールせず、自己研鑚に励むべきです。