hannya

仏説摩訶般若波羅蜜多心経

最初の出だしの意味は、

仏が摩訶な般若波羅蜜多を説いた心の経

仏の心というのは、手の届かないはるかかなたに存在するわけではなく、心の中にあるのです。
近すぎて見えないだけ。つまり、「灯台下暗し」ということですね。

仏であるお釈迦様は、実は、宇宙人なのです。

おどろくなかれ、お釈迦様は、人はもともと自分の中に仏の心をもっているゆえに、修行をすれば仏になれるということを伝えるために、宇宙の霊界からやってきた宇宙人だったのです。

お釈迦様、つまり仏様の言葉は、真心の言葉、つまり「真言」であり、その「真言」の一字一字には、無数の「宇宙の道理」が含まれていて、その「心理の言葉」は私たちの体にも含まれているのです。

真実の言葉とは、自分の経験から思わず口をついて出る言葉であり、その言葉には説得力が備わっています。

人を説得するには、真実の言葉、「真理」が必要であり、「真理」を含んだ言葉には説得力があるわけです。

誰が聞いても理解することができ、納得することができる言葉であるため、仏説は、2500年後の今日でも私たちの心を響かせることができるのです。

お経というものは、お釈迦様の死後に、多くの弟子たちが集まり、記憶に残る「釈迦の説法」を寄せ集めたものです。

経とは、本来数珠の玉をつないでいる糸のことです。玉の数は人の煩悩の数といわれる108。
大晦日の夜には、除夜の鐘が人々の煩悩を打ち消し、新しい新年を迎えます。

消された煩悩は、日を重ねるごとに、新しい煩悩に変わっていきますが、玉を貫く糸は、この世を貫き、2500年の昔から変わることがないのです。

弘法大使は心経について、

この般若心経をよく読んで、しっかりと解釈し、常に身をつけて敬っていれば、あらゆる人の苦しみを打ち消し、楽しみを与えることができます。
これをさらに推し進め、落ち着いた気持ちを持って、心経の意味を深く考えるのなら、必ず悟りの道がひらけ、「先見力」という精神力をも得ることができるのです。

とおっしゃっています。

仏様であるお釈迦様は、「悟りの世界へ行く方法」を解き明かし、私たちに語りかけているのです。

雄大な海のように、深い慈しみの心で、すべての命を生かし、物事を正しく理解し、宇宙の道理を知って、空のように広い大きな心で精一杯自分の命を生きるのです。

悟りとは、すでに自らのうちに秘めているもので、世の中の真理を正しく見極め理解する智慧なのです。