hannya

”仏説摩訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空
度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空
空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相
不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中
無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法
無眼界 乃至無意識界 無無明亦 無無明尽
乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得
以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故
心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想
究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故
得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多
是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪
能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪
即説呪日 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦
菩提薩婆訶 般若心経”

般若心経を聞いたことはあると思います。

私の母などは、般若心経を唱えていれば幸せになれると言っていますが、
ほんとにそうなのでしょうか?

実はこの般若心経、意味を理解していなくても、毎日唱えることで、苦難を乗り越え、幸せになれるようなお経なのです。

といっても、その意味を深く知ることで、般若心経があなたに大きな力を与えてくれます。

その意味を部分部分に分けて解説します。

まずは、般若心経の大意。つまり、おおまかな解釈です。

般若心経とは、仏様が、偉大な真実の智恵をもって、悟りの世界へ到達する道を説いている言葉です。

”修行中のお釈迦様である観音様が真実の智恵の完成を目指して深い瞑想に入っておられた時に、「肉体も精神もすべて空(くう)である」という真実を悟られました。
その真実を悟ることで、人生の一切の悩みや苦しみを克服することができたわけです。
悟りを開かれたお釈迦様は、悟りの世界から、この世の中をみて、お釈迦様の一番弟子である舎利子(しゃりし)に語りかけるのです。”

というのが、般若心経なのです。

その内容の前半は、

”舎利子よ、色(肉体などの物質的存在)は、いつかは空に帰する。だから、色は空にほかならない。すべての物質は空からできているからまた空も色にほかならないのです。

つまり、色は空であり、空は色なのです。受(受けること)や想(想うこと)や行(行い)や識(知識)などもまた色と同じように空なのです。

舎利子よ、この世のすべてのものは、空の相(すがた)なのですから、生じたり、滅したりすることもなく、汚いこともきれいなこともなく、増えることも減ることもありません。

だから、空の中には色という肉体も無ければ、受・想・行・識という心のはたらきもないのです。
六根(ろっこん)と呼ばれる
眼・耳・鼻・舌・身(皮膚)・意(精神)もなく、

六境(ろっきょう)と呼ばれる
色・声・香・味・触・法の対象とする世界(六根が感じるもの)もなく、

限界をはじめ、意識界(※1)もなく、
無明もなく、また無明が尽きることも、老いることも死ぬこともなく、老いることや死ぬことが尽きることもありません。

苦・集・滅・道という四つの真理もなく、悟りを開く智恵もなければ悟りを得ることもありません。
もともと得るということがないからです。”

という具合に、最初に読めば何のことやらわからないと思います。

わからないということも含めて、悟りを開いた世界では取るにたらないことであり、そんなことを気にしなくてもいいんだよ。

という意味にとらえていただければいいのではないでしょうか。

今回は般若心経の前半部分を紹介しました。
次回は後半部分を紹介したいと思います。

※1 耳界・鼻界・舌界・身界・意界・眼界を六根、色界・声界・香界・味界・触界・法界を六境、眼識界・耳識界・鼻識界・舌識界・身識界・意識界を六識、六根・六境・六識を総称し、十八界といいます。