”因果(いんが)あい感ずること、あたかも声響(しょうこう)のごとし。業縁(ごうえん)唱和すること、かえって形(けい)と影(えい)とに均し。”
出典:遍照発揮性霊集

ingaouhou

おこないとその結果は、やまびこと同じで、しばらく時をおいて響いてくるものです。
また、光には影がつきものであるように、悪事を働けばその報いがいつかは自分に返ってくるのです。
間違いに気づき、善処して改めようとするなら、未来はどのようにでも変えることができるのです。

因果応報という言葉があるように、善い行いは善い行いとして、悪い行いは悪い行いとして、自らに帰ってきます。

あなたの身に起こることは全て、あなたに起因しているということです。

ただ、返ってくるのが一定の間隔ではなく、いつ返ってくるかわからないだけなのです。

心からあなたが正しいと思える行いをとり続けることが、あなたを幸せな道へ進ませることができるのです。

あの時、こうすればよかった
あの時、助けてあげていれば

と思うことはあったはずです。

このように思える自分に気付いたなら、次からは心の声に従ってください。

マルコム・グラッドウェルの著書”第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい”では、世の中に、処理できないほどの情報があふれる世界では、どんなスーパーコンピューターよりも速く判断を下す「直感力」が重要だと述べています。

質の高い直感力を持つ人たちが、常に世の中で活躍していることは、歴史を見ても歴然です。

その直感力を磨き、あなたが正しいと感じる行動を取るようにしましょう。

いずれ、その正しいことがあなたにもどってくるのですから。