”一芸是(いちげいこ)れ立つ、五車(ごしゃ)通し難(がた)し”
出典:遍照発揮性霊集

tokei

本を車5台に乗るくらい書いたとしても、中身がなければ何の役にも立ちません。
しかし、一芸に秀でた人は、一芸を持っているがゆえに重宝されます。
人は誰しも、誰にも負けない何かを持っています。あなたの誰にも負けない何かとは何でしょう?
技術や教養・知識でしょうか?それとも個性や心でしょうか?
あなたの誰にも負けない何かに気づき、更に伸ばして行けば、自信を持って人生を行きていけるはずです

量をこなせば、それだけ身につくものもあります。
何の役にも立たないというのは、学ぶ意志のない作業をたくさんしても学べることは無いということです。

自分が学ぼうという意識でやることには意味があります。
そこに意志があるかどうかが重要なのです。

意志のない作業をいくらしても意味がないのとは反対に、意志をもって、一つのことに打ち込むことで誰にも真似をすることができないものを身につけることができます。

身につけたものは、財産となり、人生を生き抜くための武器となります。

あなたの中の曲げられないもの、誰にも負けないものは何ですか?

自信を持って人生を送るため、自分にとっての大切なもの、誰にも負けないものにフォーカスしてみてください。

必ずあなたにとっての強みが見つかるはずです。