”信修(しんしゅう)すれば、則(すなわ)ちその人なり。もし信修することあらば、男女を論ぜず、皆、これその人なり。”
出典:遍照発揮性霊集

hata

同じ目的をいだき、日々精進努力する人に男女の差などなく、平等なのです。
信念をもって進めば、必ず道は開けるものです。

男女平等

最近では当たり前のようになっていますが、実際では女性が社会で働くための基盤ができていないところもあるのが現実です。

しかし一方では、女性が男性同様に活躍している業界もあります。ただし、それは、パイオニアと呼ばれる女性がいたから実現できているのです。

女性にかぎらず、自分の信念を貫き、人生を切り開いていく人がいます。

空海上人はまさにそのパイオニアです。
その時代の人が誰も考えもしなかった外国へ渡り、日本へ帰ってきてからもさまざまな修行を行い、人々に多くの恩恵をもたらしてくれているわけです。

プロ野球でいえば、「野茂英雄」氏。

野茂英雄氏は、日本人野球選手が憧れながらも誰も踏み込むことができなかった大リーグの世界に飛び込み、華やかな成果をあげています。
その道は決して楽な道のりではなく、常に断崖絶壁と隣合わせの道のりだったと推察されます。

日本での成績が超一流にもかかわらず、通用するかどうかわからない道なる世界へ踏み出す勇気は生半可なものではないでしょう。
一度失敗しようものなら、身内であるはずの日本人からも批判され、アメリカでも当然批判の対象となるということがわかったうえでの大リーグ挑戦で、そのプレッシャーたるもの、私たちの想像を超えるものだったと思います。

まさに、野茂英雄氏は、自分の信念を貫き、自ら道を開いたわけです。

同様に、誰もが自分の信念を貫き、進んでいけば、必ず道は開け、新しい自分に気づくことができるのです。