”酒はこれ治病(じびょう)の珍(ちん)、風除(ふうじょ)の宝なり。”
出典:遍照発揮性霊集

kumo7

お酒は嗜み方によっては、病気を癒す妙薬であり、風邪の予防にもなりえます。
心と身体の健康のために、酒に呑まれるのではなく、度をわきまえて楽しく嗜むことが大切です。

お酒により、人生を狂わせてしまう人がいます。
一方、お酒で人生を楽しく生きている人もいます。

携帯電話も使い方を間違えなければ、魔法のようなアイテムとなります。
間違った使い方をすれば、自分の人生を最悪なものにしてしまいます。

全てはその使い方、あなたの心構え一つで、良くも悪くもなってしまうのです。

例えば、包丁、料理をするために必要不可欠なアイテムです。
一流の料理人が使えば、私たちが想像もできない見たこともない料理をつくり上げることができます。
しかし、そんなよく切れる包丁も、一度殺意を持った犯罪者の手に渡れば、危険極まりない凶器となります。

全てはそのアイテムを使う人の心次第なのです。

技術を磨くことが当然のことですが、その磨いた技術を活かす心を磨かなければ、その技術が狂気となり、自分だけでなく、関わる人の人生を奪うことになりかねないのです。

今一度、なぜ、自分はそこにいるのか、自分がどうしたいのかを問いかけてみてください。

それがあなたの人生を変えるきっかけとなるはずです。