”六塵(ろくじん)は能(よ)く溺るる海、四徳(しとく)は帰するところの峯(みね)なり。すでに三界(さんがい)の縛(ばく)を知る、何ぞ纓簪(えいしん)を捨てざらん。”
出典:三教指帰

kaminari

世の中は、私たちを溺れさせてしまう海なのかもしれません。
悟りの世界は私たちが目指すべき峯なのです。
この世の苦しみとは何なのかという本質を理解できるのであれば、自らの利益のみを追求することが愚かであることに気づくはずです。
あなたの中の迷いを捨て、覚悟を持って進めば、人生は大きく変わるのです。

強い覚悟と勇気を持って、人生を切り開け

こんな想いが込められています。

世の中は、決して甘くはありません。
ちょっと気を許せば、甘い誘惑が待ちかまえ、どんどんと堕落の一途をたどることになります。

世の中は厳しい、その世の中を渡り歩いていく私たちは、しっかりとそのことを理解し、強い覚悟、勇気を持つ必要があります。

あなたの人生を切り開き、大きなことを成し遂げようとするのであれば、生半可な気持ちではなく、くためには、強力な意志と覚悟で勇気をもって進んでいくしかないのです。

進んでいく中で、様々な手法を試し、失敗しながらもあきらめず、ひたすらやり通すことでしか、成功を勝ち取る方法はありません。

自分と向き合い、現実と向き合い、一つ一つ解決していけば、必ず善い方向に向かうのです。

かの松下幸之助も言葉を残しています。

私は失敗したことがない

失敗したことがないのではなく、成功するまであきらめなかったということです。

この言葉を言いかえるのなら、

成功するまでやりきった

ということなのです。