”貧道(ひんどう)と君と遠く相知(あいし)れり。山河雲水(さんがうんすい)何ぞ能(よ)く阻(へだ)てん。”
出典:遍照発揮性霊集

yuujouumi

あなたと私は遠い昔からよく知る仲であり、距離が二人の友情の障害となることはありません。
固く結ばれた絆は永遠のものであり、そのことへの感謝や想いを大切にしなければなりません。

この世の中で何よりも大切なものは、つながりであり、真実のつながり、友情はどんなものからも引き裂かれるものではありません。

もし、ちょっとした障害で関係がなくなるのであれば、それは、真実の関係ではなかったということです。

あなたが苦しいときやつらいときに助けてくれる人、また、自分がつらいときでも、助けてあげなければならない人がいるのであれば、それは真実の関係であり、親友と呼べる関係です。

このようなつながりは一朝一夕で築けるものではなく、つらいことやうれしいこと、たくさんの経験を一緒に積み重ねることでしか築くことはできません。

であるからこそ、つながりは何にも代え難い大切なものであり、その関係を大切にしなければなりません。

もし、真実のつながりを持っているのであれば、そのつながりをさらに育てていけば、あなたの財産となり、かけがえのない一生の宝物となるはずです。

今こそ、積極的に関係を持ち、自分と感性の合う人とのつながりを築いていくときなのです。