”菩薩の用心は、みな慈悲をもって本(もとい)とし、利他をもって先(せん)とす。”
出典:秘蔵宝鑰

bosatu

菩薩の心は、すべてのことにおいて、慈悲をもってすべての人の幸せを優先しています。
私たちも慈悲の心を持つように心がけ、浅はかな考えを捨てることができれば、より多くの幸せを得ることができるでしょう

寛容な心と同じ慈悲の心、寛容が相手を許すという意味合いが強いなか、慈悲はより積極的に相手を包み込むイメージとして捉えることができます。

慈悲とは、相手をあわれんで、苦しみを取り除いて、楽を与えることですが、そこは、捉え方一つでまったく違ったものになります。

相手のことを考えて、相手が何を求めているのか、何をしたいのか、自ら答えを見つけられるように、サポートするようにすればいいのです。

相手を大きな心で包み込んで見守ることが相手の可能性を拡げることにつながり、しいては、自らの進化にもつながるのです。

世の中は誰かと関わりながら生きています。
生きている限り関わりが生まれ、関わりからは逃れることはできません。

なので、良い関係を築くためにも、慈悲の心をもって、すべての関係を包み込むような意識ですべての人と関わるようにしましょう

そうすれば必ず、あなたを中心にした幸せの輪が広がって、より楽しい、過ごしやすい世界を築いていけるはずです