”仏道(ぶうどう)遠からず、廻心(えしん)すなわちこれなり。”
出典:一切経開題

yuuhi

あなたが求めている道は、遠くにあるように思えるかもしれません。
しかし、心の持ち方、考え方など、意識を変えることによって、求めていた道が案外近くに会ったことに気づくことができるのです。

思い込みは凄いもので、こうだと思っている限り、思ったようにしか解釈できなくなってしまいます。

例えばこの絵

妻と義母

damashi_2

という「W. E. Hill」の1915年の作品ですが、若い女性が描かれていますと言われると、若い女性が向こうを向いている絵にしか見えません。

実は、捉え方によって、顎がしゃくれた老婆にも見えるんです。

ちょっとしたことで、今まで見ていたものが違って見えたり、今までわからなかったことが突然理解できたりすることがあります。

これは、今まで意識していたことから開放されて、新しい視点を持てたことによる影響です。

凝り固まった考え方を捨てて、幼児のような真っ白な心で、改めて問題に向き合ってみれば、違った答えを見つけられるはずです。

壁にぶち当たった時は、戻ってみたり、まったく別のことをやってみたりすれば、案外知らない間に壁がなくなってしまうこともあるかもしれません。

インディー・ジョーンズでもよくあるじゃないですか、
諦めて休憩した時に触ってしまった石が新しい道を示したなんてことが。

重要な事は、道は一つではないってことです!

押してもダメなら引いてみる

という考え方も時には必要です。