”乾坤(けんこん)は経籍(きょうせき)の箱なり。”
出典:遍照発揮性霊集

suiteki

仏の教えは、広大な宇宙の真理から生まれたものです。
自然の中から学ぶことや自然とともに生きること、仏の教えを悟ることは、すべて同じことなのです。

真理とは、誰かが決めたことではなく、この世界を形作っているこの広大な宇宙の真理であり、その心理の中から仏の教えが生まれてきたのです。

世界の中で生きる私たちにとって、その世界の中で生きて、学んでいく事こそが仏の教えであり、自らが学んでいることを意識し、向上心を持って生きることが自らを悟りの世界に導くことになるのです。

世の中には、不条理なこともたくさんありますが、それ以上に学ぶべきことがたくさんあります。

例えば、草木を見るだけで、日々成長していることに気づきます。
太陽が登る場所が毎日変わっていることに気づきます。
地面を見ると、アリがせっせと巣を作っていることに気づきます。
窓を開けると風が吹いていることがわかります。稲が穂をつけるまえの緑の田んぼをみると風を見ることができます。

いろいろ意識すれば、さまざまなことに気づくことができます。

今日から、意識して世界を見てみれば、きっと違ったものが見えてくるはずです。