”師に二種あり。一には法、二には人。”
出典:大日経開題

sishou

人生には、2種類の師がいます。
一つはものごとの本質、つまり真理ですが、もうひとつは、真理を示し、教えてくれる人です。
あなたに気付きを与えてくれる人との出会いが、あなたを進化させてくれるのです。

ものごとの本質、真理を求めるために、一人で勉強することは必要なとことです。
一人でも学ぶ意志がなければ、誰からも学ぶことはできません。
まずは、一人で真理を追求してみてください。

一人で学んでいれば、いずれ、あなたの前に壁が現れます。
あなた一人の力では、その壁を乗り越えることはできません。

そんな時にあなたを助けてくれる「」が必要なのです。

この「」は、実際にあなたがあったことのある「」かもしれません。
本を書いている「」かもしれません。
もしかしたら、小説や漫画に出てくる架空の「」かもしれません。

新しい視点をあなたに与え、方向を見極めるアドバイスをくれる「」なのです。

世の中、一人でできることは限りがあり、その限界を超えるために誰かとのつながりが重要となってきます。

あなたの人生にとって、欠かすことのできない「」との出会いが、あなたを新たなステージへとお仕上げてくれるのです。

その「」との出会いは、あなたが真理を求め続ける限り、いずれ必ず訪れるはずです。