”合気道=愛は気です”

tenki

合気道、つまり、「愛」は「気」の「道」

あなたの命は、「愛」から生まれています。
「愛」にはエネルギーが詰まっています。

エネルギーは「気」のかたまりです。
「気」は旧字体で「氣」と書きます。

合気道も本来は、合氣道と書きます。

「氣」という漢字の中には「米」が入っています。

「米」という漢字を見てください。
四方八方に広がってませんか?

つまり、「氣」は「木」の枝のように、四方八方に広がっていろんなものとつながっていくんです。

「気を合わせる」つまり、「合(愛)気」、愛が気をつなげているんです。

「綱」がって、「絆」になります。

「綱」も「絆」も「糸」でつながっています。
人と人が見えない「糸」でつながり、愛が生まれるんです。

「気」の付く言葉はたくさんあって、良い意味でも悪い意味でも使われます。
例えば、「気を配る」や「気が散る」など。

「気」はころころ移り変わります。
ころころ変わるから、「気」は「心」なんですね。

どうせなら、良い方に「気」を向けたほうがいいと思いませんか?

kimoti

ちなみに「天気」は「天の気持ち」次第。
天気が悪いことに愚痴を言ってもどうしようもありませんね(笑)

言霊(ことだま)カテゴリーの記事は、ゴルゴ松本氏の著書「あっ! 命の授業」を参考にさせていただきながら、日本語の世界をお伝えしています。