”時の間は愛だ”

ordry

かの永遠の女優、オードリーヘップバーンの言葉にこんな名言があります。

幸福のこんな定義を聞いたことがあります。「幸福とは、健康と物忘れの早さである」ですって!わたしが思いつきたかったくらいだわ。だって、それは真実だもの。

何か腹の立つことがあったとしても、時がそのことを忘れさせてくれる、時間が解決してくれるということがあります。

解決してくれるのは、時間、つまり時の間(ま)があるからです。

人は、多くの間(ま)に生きています。

例えば、

時間、空間、瞬間、世間。

私たちは、人間です。

間は「あいだ」ともいいますね。

つまり「愛だ!」

間(ま)は愛なんです。

愛がいろいろなものをつないでるんですね。

口喧嘩が起こっている人たちを仲裁するときは、その人達の間(あいだ)にはいって、

「ま〜ま〜ま〜」

といいますよね。

これは、「間(あいだ)」にはいって、間(ま)をとれと言ってるんですね。

口喧嘩したり、仲裁したりする人たちが「仲間」なんです。

人の間には、たくさんの「間」つまり、愛で溢れてるんです。

どこかのお父さんじゃないですが、

あいだ〜!、間(あいだ)〜!、愛だ〜!

と叫んでみますか(笑)

言霊(ことだま)カテゴリーの記事は、ゴルゴ松本氏の著書「あっ! 命の授業」を参考にさせていただきながら、日本語の世界をお伝えしています。