”私たちの始まりは愛”

yotiyoti

私たち日本人がはじめに言葉を学習するのは「ひらがな」です。

ひらがなの50音を書いてみましょう。

あいうえお かきくけこ さしすせそ
たちつてと なにぬねの はひふへほ
まみむめも や ゆ よ らりるれろ
わ   を ん

なにから始まっていますか?

そう!

あい = 愛

から始まっているんです。

日本語は愛から始まるんですね。

ひらがなの最後はどんな文字で終わりますか?

をん = おん = 

」をもらって最後に「」を返すんです。

あいうえおは母音といいます。

母音の最初が愛、

お母さんの愛に包まれて育っているのです。

母音以外は子音。

子音は声を伸ばしていくと母音になります。

母音は「母」、子音は「子」

子が成長して母になるんですね。

不思議なつながりのある日本語ですが、全ては自分の解釈次第。

自分の気持ちも自分次第。

暗い気持ちになるより、楽しく解釈して、楽しく過ごしたほうがいいと思いませんか?

言霊(ことだま)カテゴリーの記事は、ゴルゴ松本氏の著書「あっ! 命の授業」を参考にさせていただきながら、日本語の世界をお伝えしています。