”宝珠(ほうしゅう)のほとりには必ず悪鬼(あっき)あって囲繞(いにょう)し、宝蔵(ほうぞう)のかたわらには定(さだ)んで盗賊あって窺癒(きゆ)す。”
出典:秘蔵宝鑰

kon

宝物の周りには、必ず悪い人欲深い人が寄り付いてきます。宝を収めている蔵には、常に盗賊がいつ盗もうかと目を光らせています。
このように考える人がいるということや、このようなことが起こるかもしれないという可能性を理解した上で、対策を立てておく必要があります。

多くの人は、宝物つまりお金や資産を持っていないかもしれませんが、誰かにとって、価値のあるものを持っていない人はいません。
その価値あるものがあれば、必ず、その価値を奪おうとする人が群がってきます。うまく言いくるめて奪おうとする人がいます。

世の中にはそのような人が存在するのです。

宝くじがあたった人の話を耳にしたことがあると思います。

宝くじがあたったことが世間にしれたら、一気に知り合いが増えた。
見向きもしなかった親戚が急に親しく話しかけに来ることになった。

など、よくある話です。

ビジネスにしても同じです。

脱サラをして、起業するときは、やめた方がいいとかどうなるかわからないといって離れていった人が、成功してお金を手に入れたと知ったら、過去のことなど忘れて近づいてきます。

世の中にはこのようなことが起こるんです。

このようなことが起こるということを理解した上で、対応することができれば、自分の気持ちが乱されることも、惑わされて資産をなくしてしまうこともありません。

すべての事柄を客観視し、物事の本質を捉えることが重要なのです。