法話の教典

弘法大師空海の教えを受けた僧侶の法話をお届けします

「弘法大師空海」の記事一覧

行深般若波羅蜜多時

行深般若波羅蜜多時 「仏様の知恵をもって、波羅蜜多行(はらみたぎょう)を深く考え、そしてそれを行う時」という意味です。 何事も深く考えるということは重要です。 悟りを開くということは、物事を正しく判断する知恵を得ることで […]

般若心経の大意・後半

”仏説摩訶般若波羅蜜多心経 観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中 無色 無 […]

身は華と与に落つれども、心は香と将に飛ぶ

”身は華(はな)と与(とも)に落つれども、心は香(こう)と将(とも)に飛ぶ。” 出典:遍照発揮性霊集 私たちはどうしても実態、つまり感じることができるものにこだわります。 私たちの体は一時的にこの世に存在しているというだ […]